学生 お金を借りる

MENU

学園祭で出した模擬店の思い出

大学時代はデザイン系の大学だったのでそれなりに課題があり忙しかったと思います。バイトに明け暮れたり遊んでばかりのイメージよりもまじめに課題に取り組んでいたように思います。

 

そんな生活の中でも学園祭はみんな張り切って何か取り組んでいたと思います。クラブに入っている人はクラブの模擬店なりに参加していましたが、私はとくにクラブにも入ってなかったのですがコース分けの人数が30人ほどで、ちょうど高校までのクラスで言う1クラスぐらいだったのでみんなで模擬店を出すことになりました。

 

一人仕切ってくれる女の子がいたのでリーダーになってもらって卒業制作展の展示費用を稼ぎ出すことになりました。出し物はコロッケとその他のの居酒屋風の店ということになり、仕込のコロッケをせっせと作りました。コロッケなどは作ったことはそれまでなかったですが意外と手作りがおいしく揚げたてで好評でした。

 

居酒屋の器などは陶芸の授業で作った物を使って学園祭であるチープな紙皿やプラスチックコップとはちがって雰囲気も出せていました。コロッケも居酒屋のメニューも売切れてしまった後はなんとその食器の陶器も値段をつけて陶器屋にはや代わりして売りさばきました。

 

学生にしてこの商魂はすごいものがあったと今でも思います。卒業制作展示の資金も無事たまり成功に終わった思い出です。