学生 お金を借りる

MENU

勉強だらけの大学時代

私はニューヨークのコロンビア大学に留学しました。

 

授業はもちろん全部英語です。課題の本を読むのも、ネイティブの生徒に比べると倍以上の時間がかかるのです。大学時代の思い出と言えば、勉強しかないですね。

 

心理学の授業の時、論文を書くのに、フロイトを選んだのですが、いくら本を読んでもわからない。そこで、ニューヨークの紀伊国屋に行って、日本語に訳された本を買ってきました。日本語だったらわかるだろう、と思ったからです。ところが、日本語で読んでもわからない。

 

つまり、英語がわからないのではなく、内容がわかっていなかったのです。それでも一生懸命勉強して、いい成績を得ました。

 

大学ではキャンパス内にある寮に住んでいました。学期末になると、一番大きな図書館である、バトラーライブラリーで勉強しようと思って、夜中の3時頃行ってみたら、全席満席で、皆、黙々と勉強しているのです。

 

これには唖然としました。それくらい勉強しないと、単位が取れないのです。単位が取れなければ卒業もできません。

 

冬になるとロックフェラープラザにきれいなクリスマスツリーが飾られますが、そんなもの、見ている暇がないくらい、時間に追われて勉強ばかりしていました。

 

もう、あんなに勉強する機会はないと思います。