学生 お金を借りる

MENU

お金がかかる学生時代

学生時代って何かとお金がかかりますよね。

 

解説者

私も学生時代は常にビンボーだったと記憶しています。まあ、遊びすぎって言うのが1番の原因なんですけどね。よくローン会社からお金を借りてしのいでいました。

 

でも、社会人になった今言えること。それは、お金を借りてでも遊んでおいてよかった!ということです。

 

学生時代って、友人との遊びにしても何にしても、この時にしかできない事って言うのがたくさんあります。この時を逃したらダメなんですよね。お金を借りてでも遊んで、一杯思い出ができて本当に良かったです。

 

皆さんも、後悔しないように、学生時代にはいろいろと経験してもらいたいと思います。もちろん借りすぎはダメですけどね。

 

そこで、今学生の方がお金を借りるのにお勧めの学生向けローンを紹介しておきます。

学生向けローン

プロミス

★★30日無利息★★

プロミスのカードローンは、初めて利用する方は30日間無利息で利用可能となっています。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)学生の方には嬉しいサービスですよね。
また、女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方でも安心して利用できるようになっていますよ。女子大生の方はレディースキャシングを利用するといいでしょう。

 

≫プロミスの申し込みはこちら


≫プロミスレディースキャッシングの申し込みはこちら

 

 

アコム

★★スピーディーな対応★★
アコム
アコムは非常にスピーディな対応で学生の方にも根強い人気のキャッシング会社ですです。アコムは20歳以上でアルバイトなどをしていれば審査のうえ利用できますし、最短ですと、申し込んだその日のうちに銀行口座に振り込んでもらえますよ。
また、初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですよ。

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

 

モビット

★★10秒で簡易審査結果表示★★
モビット
三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方は、WEB完結申込みの利用ができて、電話連絡・郵送物なしで利用可能となっています。
このいずれかの口座をお持ちの学生の方(※安定した収入がある方)は、モビットに申込してみるといいですよ。

 

≫モビットの申し込みはこちら

 

 

奨学金の返済に悩んでいる人が増えてる!?

学生の方がお金を借りると言えば、奨学金制度といった方法もあります。

 

奨学金とは、能力のある学生に対して、金銭の給付・貸与を行う制度の事を言います。(※対象者:大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に在学する学生)

 

金銭的・経済的理由により学校に通う事が難しいとされる学生に対し、金銭的・経済的な必要性を問わず、学生の能力に対して給付される事があります。

 

奨学金と聞くと、学校側から入学金や授業料を支払ってもらえるといったイメージがあるかもしれませんが、実際のところは「お金を借りる」といった事になります。すなわち、入学当初などはお金が必要ないかもしれないですが、学校卒業後は奨学金を返済していかなければなりません。

 

最近は、この奨学金の返済が出来ないといった方も増えてきているみたいです。奨学金の返済を滞納している方が30万人以上もいるらしく、社会問題として近年注目されていますよね。

 

中には、500万円以上の奨学金の返済が必要で、社会に出てから本当に苦労した生活を送っているといった方も。大学卒業後10年以上も返済し続けている人も多いみたい…。

 

このように、大学など入学前は奨学金制度がある事によって有難いと思う事もあると思うんですが、卒業後に大変な思いをする場合もあるので、もし今奨学金を利用している学生の方は気を付けないといけないですね。

 

学生なので、将来の返済プランを立てるのは難しいと思いますが、滞納しない為にはどうすればいいのか今から考えておく必要があると思います。

 

 

お金を借りた事のある学生に話を聞いて参考にしよう!

海外旅行ではクレジットカードが便利

学生時代、友人たち卒業旅行で海外旅行に行きました。ちなみに行先は台湾です。私が海外旅行に行って学んだことは、防犯上クレジットカードだけで、現金は最小限に抑えて行く事です。

 

海外旅行

現地に到着して、ホテルまでのタクシー代だとか、ポーターに渡すチップなど現金は必要となるんですが、他の支払いに関してはクレジットカードで全て補う事が出来ます。

 

ですから、現金は持っていったとしても1週間分ぐらいなら日本円にして3万から5万円程度で十分なような気がします。

 

海外では、ほとんどのレストランやお店でクレジットカードが使えるので、通常はそれで足りますからね。でも、ごくたまに手持ちの現金が足りなくなってくることがあります。このような時でもクレジットカードは活用する事が出来ます。

 

クレジット会社によっても違うと思いますが、一般的に“Plus”と書かれた看板や、“Cirrus(シーラス)”という看板があるところならば、クレジットカードを使ってお金を下ろすことができます。いわゆるキャッシングというやつですね。

 

海外のATMも使い方は日本同様、ボタンを押すだけです。現地の通貨が出てきますから、トラベラーズ・チェックのようにタクシーでは使えない…ということはありません。

 

学生の身分なので、あまりお金を借りるという事はしない方がいいのかもしれないけど、海外で万が一現金がなくなってしまった場合は借りるしか方法がないですからね。かといって、現金を多めに持って行くというのもちょっと抵抗がありますし。

 

海外でクレジットカードでキャッシング利用する時の注意点としては、どの国でもそうでしょうが、しっかり周りに目を配り、怪しい人物が近くにいないかどうか必ずチェックを行うように!

 

そして、できれば銀行の中にあるATM機を利用し、これも当然ですが、人の少ない夜は避け、できるだけ日中にキャッシングをするように心がけてください。それさえ守れば、多額の現金をもっているよりも安心だし、海外のキャッシングは意外と便利です。

 

 

 

確かに、海外に行くときは現金を多く持って行くよりかも、クレジットカードを持って行く方が便利なような気がしますね。

 

海外の場合、日本と違ってカード社会となっているので、現金を持ち歩くよりかもカードを持っている方が便利だし、安全とも言いますからね。

 

また、クレジットカードによっては海外キャッシングサービスを利用できるカードもあるので、そういったクレジットカードを作っておくと便利だと思います。

 

ちなみに、学生の方でも作れるクレジットカードなら、アコムから発行されている「アコムマスターカード」がお勧めです。海外キャッシング機能も付いているので、海外旅行に行く場合の心強い味方となるでしょう。

 

≫アコムマスターカード発行方法はこちらを参照に


 

 

スロットにはまり気づけば

スロット

10代後半から私は友人とスロットにドップリハマっていました。バイト以外で楽しみながらお金を得る事を経験してしまったのが始まりです。

 

高校を卒業し大学にいけば毎日、休みの様な生活に心身堕落していたと今思えば時間をいかに無駄にしていたかを痛感させられます。目的もなく時間だけがありました。

 

始めは、バイトした金だけでやっていたのですが、身分証があれば簡易的に借りられるキャッシングに手をだし気づけば200万という大金になっていました。

 

今だから200万という大金と言えますが、当時の私には金の重みが分からずまだ200万、すぐ返せる程度にしか思っていなかったと思います。

 

返済に関しては利子を返す程度でなかなか減らず、そのうち金額が膨れ上がり返せない焦りが出始めました。

 

しかし、200万という金額を支払う目処が無く結局、両親に事情を打ち明け替わりに支払ってもらい返済は完済しました。

 

そのときの両親の何とも言えない表情を私は恐らく一生忘れません。忘れる事が出来ません。どれだけ自分が情けないか、どれだけ両親が惨めな思いをしたかを忘れません。

 

今現在はホントに趣味でたしなむ程度に収まっています。本来ならやめなければいけませんが、ギャンブルは本当に好きなので。

 

 

 

学生、特に大学生になり、親元を離れて一人暮らしをされている方は、この方のようにギャンブルにハマってしまう方が多くいるみたいです。

 

1度ギャンブルに勝ち、お金を手にしてしまうと、こんなにも簡単にお金を手に入れる事が出来てしまうんだ!と誰もが思ってしまいます。

 

結果的に、そのままハマってしまい気付けば借金だけが残る…。人生そんなに簡単ではないですからね。

 

この方のように、中にはギャンブルが理由で借金が膨れ上がってしまったという方もいると思います。この方の場合は、両親の助けでどうにかなったんですが、中にはどうしようも出来ない方もいるでしょう。

 

そのような時は、一人で悩むのではなく、借金問題の専門家に相談するのがいいと思います。元はギャンブルにハマってしまったという自業自得な部分もあるかもしれないですが、借金を抱えて一人悩んでいてもどうにもできないですからね。

 

専門家に相談する事により、良い方向に進む事もあります。なので、借金問題で困った時は一人で悩まず相談してみるといいですよ。

 

≫借金問題の相談希望の方はこちらをチェック


 

 

キャッシングは便利だけど気をつけて

私が初めてキャッシングを利用したのは、まだ20代初めのころでした。大学入学と同時に一人暮らしを始め、生活的に厳しかったのでアルバイトも始めました。給料日前には手元に現金がなくなってしまう生活となり、どうしようもなくキャッシングを始めたのです。

 

キャッシング

そのころは給料日には返せるという安心感もあって、月に3万円くらいは借りていたと思います。しかし、借りては返すの繰り返しで、いわゆる自転車操業でした。一人暮らしをしていた期間は常にキャッシングをしていたように思います。

 

よく考えれば金利は高いし、利用しない方がいいのですが、給料日に返せると思うとつい借りてしまうのです。

 

特に辛かったのが、大学2年の時、車の免許を取得し、念願のマイカー(中古の安車ですが・・・。)を購入したんですが、車の維持費でヒーヒーした事があります。

 

車の車検でまとまったお金が必要となり、予定していた金額よりも多くかかることになってしまい、急きょキャッシングでお金を用意してしまいました。借りるのが簡単なのがキャッシングのいいところですが、後で明細を見るとどうやって返していこうかと暗い気持ちになります。

 

ご利用は計画的にとよく言われていますがまさにそのとおりです。私のように急なお金を用意できない人や毎月の生活費に苦労している人にはキャッシングは助かりますが、きちんとお金の管理ができないとキャッシングを繰り返してしまうので、気をつけながら利用してほしいと思います。

 

 

キャッシングサービスは、学生の方でも利用できるといった事が大きな特徴ですよね。学生時代ってほとんどの方が金欠状態だと思うので、キャッシングは本当に便利なものだと思います。

 

ただ、利用しやすい反面、つい借りすぎてしまうといった点がデメリットなのかなと感じます。

 

特に学生の場合は、アルバイト勤務などで収入も少ないと思うので、キャッシング利用する時はしっかりと返済プランを立てておかないと後々大変な思いをする事があると思います。

 

学生の方がキャッシングでお金を借りる時は、とにかく最初に返済プランをしっかりと立てて利用するように心がけておくといいでしょう。